不動産管理事業 Management

BIMとは

中部スターツでは、建築業界の新しいワークフローであるBIMを採用することで、データ活用や品質向上、業務効率化を図っています。

BIMとは

BIMとはのイメージ

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の略称です。

コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コスト・仕上げ・管理情報などの情報を追加することで、建築物のデータベースとします。

その情報は建築の設計・施工から、維持管理までのあらゆる工程で活用することができるソリューションのことを言います。これにより変化する建築の新しいワークフローのことも指します。

BIMを活用することで、建築ビジネスの業務効率化はもちろん、建築デザインに革新を起こす画期的なワークフローだと期待されています。

見える化で関係者間の合意形成を促進のイメージ

見える化で関係者間の合意形成を促進

BIMを用いることで従来の2次元の図面ではなく、上図のような精度の高い3次元のビジュアルで表現することでプロジェクトを見える化。
変更をリアルタイムに図面・3次元ビジュアルの両方に反映することができるので、お客様と関係者間の合意形成もスムーズです。

精度の高いシミュレーションによる品質の向上のイメージ

精度の高いシミュレーションによる品質の向上

例えば、目に見えにくい通風や温熱環境も、BIMを用いれば精度の高いシミュレーションが可能です。
これにより工期の延長といったリスクを防ぎ、品質を低下させることなくプロジェクトを進行させることが可能です。

TOP